MRFとMMF

信託期間は無期限で、解約も手数料なしで自由にできます。MMF(マネー・マネージメント・ファンド)は、中・長期公社債を中心に運用する投資信託で、こちらも元本割れが少なく、利回りもMRFよりも若干高めです。MRF同様、購入は1円以上1円単位ですが、販売会社によってはこの方法での購入ができない場合もあります。MRFは1円以上1円単位でいつでも申し込みが可能で、申し込み手数料はかかりません。 投資は元本の保証がありません。2008年6月25日現在の野村MRFの年換算利回りは0.380%、ダイワMRFは0.413%です。CFPとして、投資商品にはどのようなものがあるのか、リスクがどのようなものなのかを調べておかなければなりません。2008年6月25日現在の野村MMFの年換算利回りは0.500%、ダイワMMFは0.532%です。 MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は、証券総合口座専用の投資信託で流動性と安全性を確保するため、高格付けの公社債など短期金融商品で運用され、株式には投資されません。商品の特徴をしっかりと把握して、試験に臨んでください。MRFは証券会社に口座を開設する際にMRFの申し込みをするか選択する場合や、自動的にMRFの申し込みがされている場合があります。証券会社に口座を開く際に、このようなリスクの少ない商品から投資を始めてみるのも、投資の第一歩の1つの方法です。 購入から30日未満までの換金には信託財産留保額という手数料がかかります。その中でも、どのような商品がリスクが少ないのかという知識は、試験に合格するうえでも、CFPとしても必要です。元本保証はありませんが、元本割れのリスクが少なく、銀行の普通預金よりも利回りは高めです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。