個人向け国債と新窓販国債

10年変動型は発行から1年経過で中途解約が可能になります。この国債には購入対象者の制限がないので、法人やマンションの管理組合でも購入が可能です。試験にも出題される可能性も考えて、最新の情報を得るように心がけてください。個人向け国債は、CFPとしての知識として知っておかなければならない金融商品の1つです。新窓販国債は2年、5年、10年の固定金利型の3種類があり、毎月発行されます。 利払いは半年に1回です。換金金額は、額面金額+経過利子相当額―直前2回分の利子(税引き前)x0.8です。2008年7月発行分は、5年固定型の金利は年1.22%、10年変動型は年1.00%です。そのため購入時には、半年に満たない分の利子相当額を、払い込まなくてはなりません。個人向け国債は、購入対象者を個人だけに限定した国債です。 ひとくちに国債といっても様々な種類があります。ただし、換金金額は、額面金額+経過利子相当額―4回分の利子(税引き前)x0.8となります。初回の利払日には、振り込んだ利子相当額を含めた半年分の利子を受け取る仕組みとなっているので注意が必要です。また、平成19年10月より、新しい窓口販売方式による新窓販国債が始まりました。新しい商品や改正などは試験に出題されやすい傾向があります。 2008年7月発行分は、2年は年0.9%、5年は年1.5%、10年は1.8%です。CFPの知識として、新しい商品も含め覚えておきましょう。5年固定型は、発行から2年経過すればいつでも中途解約が可能です。購入は5万円以上、5万円単位です。10年変動型の金利は半年ごとに見直されますので、金利上昇局面では有利な商品と言えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。