サブプライムローン問題

試験では、最近の経済や社会問題なども出題されていますし、商品の知識だけでなく社会や経済の流れをよくつかんでいなくてはなりません。サブプライムローンはアメリカにおける低所得者(サブプライム層)が、低所得でもマイホームを持てるよう最初は低い金利で貸し出したローンです。このサブブライムローン問題で、資金は国債などの比較的安全な商品や、価格上昇が見込まれる原油などの先物商品へと流れるようになりました。 CFPは、経済状況の流れを熟知して資金計画を提案しなくてはなりません。また、このサブプライムローンは証券化され、金融商品の一部として組み込まれることによって、その商品は全世界に広まることになり、ローンの滞りがそのままローンの貸し手だけでなく金融社会全体の問題へと発展しました。試験のための知識だけではなく、しっかりと世の中の流れを見つめる力もCFPは必要とされているのです。 サブプライムローン問題は、世界の金融全体を揺るがす問題となりました。しかし、住宅の価格の下落とともに、高い金利も払えなくなる、という事態になりました。CFPは、このような経済状況を把握した上で、アドバイスをしなければなりません。 サブプライムローンとは、何なのでしょうか。それが物価高を招き、世界中でまた新たな問題となっているのです。段階的に金利は高くなりますが、住宅市場拡大により購入した住宅の価値が上昇し、その住宅を担保に安いローンに借りかえることで、ローンの支払いが可能という設定で作られているのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。