追加型株式投資信託の分類

CFPとして、どのようなものがあるのかを覚えておきましょう。 いつでも購入・換金でき、一定限度内で株式を組み込んで運用する追加型株式投資信託(オープン型投信)には、次のようなものがあります。 ・インデックス型 株式組み入れ制限を設けず、日経225や東証株価指数など指数(インデックス)に連動する運用成果を目指すもの。 ・業種別インデックス型 株式組み入れ限度70%以上の投資信託。 建設・不動産・医薬品・食品など、それぞれの業種に属する株式に投資するもの。 ・派生商品型 派生商品(先物、オプション取引など)を積極的に活用する投資信託。 ヘッジ(為替や債権など、相場の変動での損失を防ぐ行為)目的以外に用いるもの。 ・ファンド・オブ・ファンズ 他の投資信託に投資するもの。 ・国内株式型 株式組み入れ限度70%以上の投資信託。 国内株式を中心に分散投資するもの。 ・国際株式型 株式組み入れ限度70%以上の投資信託。 外国株式を中心に分散投資するもの。 ・バランス型 株式組み入れ限度70%未満の投資信託。 株式・公社債などのバランス運用、もしくは公社債中心の運用を行うもの。 ・転換社債型 株式組み入れ限度30%以下の投資信託。 主として転換社債に投資するもの。 投資対象は国内・外国を問いません。 投資信託の知識は試験の範囲であるだけでなく、CFPが顧客からのよく尋ねられる相談の1つです。 投資信託の種類や手数料負担についてなどを基礎的な知識として、試験の勉強などでしっかりと身につけておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。